林リリ子(はやし・りりこ)

桐朋学園で7年間ピアノを学び、アメリカのインディアナ大学大学院でさらに7年間ピアノ演奏法と室内楽を学ぶ。後、アメリカ・イリノイ州のイリノイ・ウェスリアン大学で20年間、非常勤講師として教鞭をとるかたわら、スタッフ・アカンパニストとして歌〔オペラを含む〕をはじめほとんどの楽器の伴奏をこなす。ソリスト、コラボラティブ・ピアニストとしても国内外で演奏活動に勤しむ。アメリカで長年にわたり、アメリカ人、ヨーロッパ人、アジア人の子供たちや音楽愛好家にピアノを教え、個人の個性やニーズに合った教え方に定評がある。日本在住の現在は日本人をはじめ、スカイプで日本国外の外国人生徒にもレッスンをしている。

中村和枝(なかむら・かずえ)

 武蔵野音楽大学卒業後、JML入野義朗音楽研究所にて研鑚を積む。第3回日本現代音楽ピアノコンクール優勝。スペイン・シッチェス20世紀音楽コンクール優勝。国内外の多くの現代音楽演奏会にソリストとして出演する。同時代の作曲家の新作初演、再演を数多く手掛けると共に、オーケストラとの共演、CD録音等意欲的な活動を展開している。 ALMレコードよりCD≪to you from…≫≪松平頼暁・24のエッセーズ≫をリリース。 尚美ミュージックカレッジ講師。ピアノのアトリエ主宰。多くのコンクール入賞者・プロフェッショナル演奏家を輩出している。http://kazue-nakamura.jimdo.com/